大元 宗忠神社 岡山市北区上中野1-3-10 TEL:086-241-0148
文字サイズ
 
flash_image
Flash image
ご家庭でのおまつり
神前結婚式のご案内
祖霊殿のご案内
生々館道場のご案内
アクセスのご案内
関連リンクのご案内
よくあるご質問 (FAQ)
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報のお取扱い
 
大切な人のためへの祈り  ( 健康、幸せ、安産、病気平癒... )
自身のためへの祈り  ( 開運、厄除け、交通安全、合格祈願... )
季節、時節、節目を愛でるための祈り  ( 初詣、節分、お宮参り、七五三詣... )
世のため、人のためへの祈り  ( 世界大和、国家安泰、国民安寧... )
私たちは誰でも、誰のためにでも祈ることができます。
そして、神さまは必ずお応え下さり、お護り下さるのです。
楠の古木の緑につつまれた こころのふるさと・・・・
開運の神さま 大元 宗忠神社 へようこそ
新着情報
「 ご祭神(宗忠様)の「節分」にまつわる逸話 」
更新:平成27年(2015年)1月13日
ご在世当時のある節分の日。
いつものように奥様が豆まきをされましたが、その年に限り「鬼は内、福は外、鬼は内、福は外」と、間違えたことばを唱えました。
すぐに気がつかれた奥様が、そのことをおわびされたところ、宗忠様は「今夜はどこの家でも、鬼やらいで豆まきをやっているが、どこも皆『鬼は外』『鬼は外』と鬼を追い出している。
鬼の身になってみるとたまったものではない。
どこからもかしこからも追い出されて、どこにもおり場がない。
一軒ぐらいは『鬼は内』といって鬼を迎えてやる家があってもよいではないか」とお許しになられ、
  「鬼追わず福を求めず我はただ
                追われし鬼を福に導く

と詠まれました。
善悪ともに包みこまれた宗忠様の大きなお心がうかがえます。

節 分 祭」  2月3日(火)
●祭典:午後1時30分
●豆まき:午後2時ごろから3時

 
日供講のおすすめ
「節分祭」のご案内