大元 宗忠神社 岡山市北区上中野1-3-10 TEL:086-241-0148
文字サイズ
 
flash_image
Flash image
ご家庭でのおまつり
神前結婚式のご案内
祖霊殿のご案内
生々館道場のご案内
アクセスのご案内
関連リンクのご案内
よくあるご質問 (FAQ)
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報のお取扱い
 
大切な人のためへの祈り  ( 健康、幸せ、安産、病気平癒... )
自身のためへの祈り  ( 開運、厄除け、交通安全、合格祈願... )
季節、時節、節目を愛でるための祈り  ( 初詣、節分、お宮参り、七五三詣... )
世のため、人のためへの祈り  ( 世界大和、国家安泰、国民安寧... )
私たちは誰でも、誰のためにでも祈ることができます。
そして、神さまは必ずお応え下さり、お護り下さるのです。
楠の古木の緑につつまれた こころのふるさと・・・・
開運の神さま 大元 宗忠神社 へようこそ
新着情報
「 七五三詣 」
更新:平成26年(2014年)11月1日
「七五三詣」は、親が子どものしあわせを願う心の現れであり、一面、やっとここまで育てあげたという親の安堵の感情もありましょう。晴れ着を着て神社に参拝し、健康な幼い成育を寿ぐに、親の苦労と感慨が入りまじっていることでしょう。

三歳児は、親を身近な人として、共感的感情が強まり、親を親と意識しはじめるといわれます。
五歳児は、親の行動のまねを身につけ「なぜ、なぜ」という問いかけに変る時期といわれます。
七歳児は、親の態度に敏感に反応する心が育ってくるといわれますし、また、親の保護から「学校」という集団の中に入って行く大切な時期でもあります。
というように、それぞれの心の発育と脳の発達には、成長が節目をもっているのです。

七五三祝いはその節目をつける行事ということができます。
とにあれ、七五三祝いは、子どもの成長としあわせを願う親の限りない愛情の表現であり、また、それを機にますます深い愛情をそそぐ所にその意義があります。

 
日供講のおすすめ
七五三詣

▼ 黒住教立教二百年奉祝歌 【独唱】 のフォトムービー(YouTube)がご覧いただけます。

▼ 黒住教立教二百年奉祝歌 【伴奏】 のフォトムービー(YouTube)がご覧いただけます。